FC2カウンター

プロフィール

yun*

Author:yun*
yunsilverspoon.blog34.fc2.com/
総て手縫いでバッグなど
ゆっくりちくちくしています

*オーダーをご希望の方へのお知らせ
 
 コメント欄より鍵コメにて
 お問い合わせくださいませ。
 折り返しご連絡させて戴きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

参加ブログ

広島ブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭内バイトがんばり中

2012.03.28 23:45|つれづれ日記・・・
ある日のおやつ 次女が大好きなパイ ♪

oyatsu



さて 普段なかなか会えないお友達とも会え 次女 春休みを満喫中 ♪
そして夜7時半過ぎ 次女と一緒にお友達宅から帰宅すると
玄関を開けた途端 何とも言えない ものすご~くいい匂い
「ただいま~」とリビングに入ると 夕飯の支度が整っていました!
玄関にはスリッパが旅館みたいに揃えられ 洗濯物を取り込み畳んでそれぞれしまわれ
掃除機もかけて すっかり片づけられていました・・・本当にびっくり!

長女 今月末から お小遣い制がスタートしました
去年から「中3からはお小遣い制だよ」と パパから予告されており 予定通りに実行
お小遣いが足りない時の救済措置としては 前借OKなのと お手伝いと言う名の家庭内バイトも!
春休みは友達と出掛ける予定も多く 早くもお小遣いが足りなくなることが予想され
お休みに入ってからというもの 早速長女 部活の合間を縫って 家庭内バイトがんばり中!
そんなわけで 夕飯の支度も ひとりである程度できるようになり
お米を研ぎ炊飯器にセットし ブロッコリーを茹で 朝のうち塩麹に漬けておいた鶏肉を焼き
昨日のマカロニサラダをトマトソースでリメイク ♪ (お味噌汁はわたしが朝作ったもの)
家に帰るといい匂いがするって すっごくしあわせな気持ちでした! 

papagohan

いろいろなお手伝いの単価を最初に決めたのですが 予想以上にがんばっているので
少しだけ単価をあげると 微々たるものですが とっても感謝されちゃいました~ 
半分はゲーム感覚なのかもしれないし 対価を得られるという事がもちろん大きいのだと思いますが
単純に家事が嫌いじゃなかったり 何より自信に繋がる様子で 達成感も半端ないみたいです
それに 洗濯や食事の支度など 一通り教え できることを一人でやらせてみることで
例えば洗濯物の出し方なんて ホントひどかったのに
それまで口を酸っぱくして言っても全然だったことが 一気にあっさりと改善されました!
やっぱり自分で初めから終わりまで経験させるのは とっても有効だったようです


長女がいちばん好きなアーティスト miwa
ホワイトデーに長女が夫にリクエストしたCDに ライブの先行予約情報が封入されており
初めてライブに行くことを ついに夫の了承を取り付け 俄然張り切っていることも一因
(これまで夫に 絶対ダメ!と言われていたので OKをもらえたことは思いがけなかったようで)
基本的に何でも楽しんでしまうことができる長女 ウォークマンをドックごと持ってきて
カウンターの上に置き miwaを歌いながら食器を洗ったり 鼻歌まじりで洗濯物を干したり
やっぱり何をするのも何だかすごく楽しそう・・・普段同じことをしている筈のわたし 何たる差!
何だか羨ましくもあり。。。ちょっと見習おうかな~
(長女に楽しそうだねと言うと 楽しまないとだめよ~ 楽しいとドーパミンが出るんよ~ とのこと)


初め 夫がなぜそんなにお小遣い制にしたがるのか 真意がよくわかりませんでした
高校生になると行動範囲も一気に広がり 必要なお金も倍増するから
その前に きっちり金銭感覚をつけておきたい その後だと遅すぎる と言う夫
欲しいものがある時に 必要なだけ渡す というのじゃだめなの?と 思っていたのですが
こうして早くも効用が現れると やっぱり良かったんだなぁと・・・時期的にも良かったのかも
家での手伝いに 少額とはいえ 報酬があるってどうなのかなぁ??と考えたりもしましたが。。。
これまで祖父母や叔母たち大人から あっさりともらっていたであろうお小遣いも
これからは重みが違うだろうな~


前出のmiwaのチケット 先行予約の末 なかなか良い席をゲットできた訳ですが
まず webでの予約申し込みも 夫はとにかく手を貸さない!
なんでそんなに突き放すんだろう?と思いながら見ていました。。。
その後 抽選に当選し コンビニの端末からチケットを発券する際も
友達のチケット分もあるので 大金だし コンビニの端末なんて触ったこともないし
パパに連れて行ってもらったら?と 言おうと思ったら「俺は行かない」とキッパリ
え~っ と思い なんで?と後で聞いたら 自分で経験させないとダメなんだ と・・・
大金を持ち歩く緊張感 コンビニで端末を探すこと 操作方法 発券までの手順
そういう一連の 未経験のことを 全部自分でやってみること 
そうやって 無事自分でチケットを手にすることが必要なんだ と・・・
長女からは1回だけ「予約時の番号って何かな」と電話がありましたが 無事発券に至り
やった~♪と それはそれは嬉しそうに電話もあり 満足顔で帰ってきました
「すっごくドキドキした~」と言いながらも 嬉しそうに話す長女
なるほど こういうことなんだなぁ・・・

わたしは 親が子どもにできることは とにかく何でもするのが当然で
それが愛情表現だと信じて疑わずに これまで子ども達と関わって来ました
だから 例えば子ども達がまだ小さかった頃 
自転車の練習をしていて 自転車ごとバッタリ倒れてしまっても 手助けに行かない夫が
全く理解できなくて 何て冷たいんだ!信じられない!と 心底思っていました
「大丈夫?」とすぐに駆け寄り 自転車を起こすのが当然で 実際そうしていたわたし
でも 長女が14歳にもなった今頃になって やっと「冷たいんじゃないんだ」と気づいた次第・・・
ずっと変わらず同じことを言われ続けてきたはずなのに 何故か今頃ようやく意味がわかりました
あまりにわたしの感覚からは真逆過ぎて 理解できるまでに 随分長い時間が必要だったようです



お邪魔して遊んで帰った次女のお友達ママに「帰ったらご飯できてたよ~」とメールしたら
「家庭外バイトも出張して~」と 返信がありました








コメント

No title

Aちゃんすごいねー!
立派だわー。
うちも、家庭内バイト制よ。
お金がなくなった時だけだけどねー。
二女は全くもって役にたっているか疑わしいけど、
長女は、結構役立つときがあるわ(笑)

Re: No title

> わいちゃん ♪
春休みは出掛けることが多くて ホントすっごく助かってるよ
もともとちっちゃい頃からお料理は好きだったからね
さっぱり欲が無いとこも良かったかも~^m^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。